Webサイトの再構築—WordPress2.9で

WordPressのVersionが2.9に上がったけど、自動アップデートではエラーになる。エラーログを見ると、さくらで使用中のMySQLのバージョンが対応していない。

データベースのMySQLの要件が満たされていないらしい。MySQLを、4.Xから5.XにバージョンアップしなければWordPress2.9Xはつかえない。政治の変革を追求する立場としては、自らが進化するためにもこのプロセスを避ける訳にはいかない、ということで。(│:)関係ないだろう、厭味か)

さて、既存データベースのエクスポートとインポートをして。。。。面倒だな?

ネットで参考サイトを検索してみました。
MySQLを4から5へ(さくら+WPの場合
こちらのサイトからいくつかのサイトが紹介されています。これらのサイトを参考にしながら、やってみます。

MySQL4.X から5.X へ(さくら + WordPress の場合)


手順

  1. DB(データベース)のバックアップ
  2. エクスポートしたDBファイルの編集
  3. エクスポートしたDBファイルの圧縮
  4. MySQL4.xのDBの削除とMySQQL5.xのDBの作成
  5. DBファイルをインポートする前のMySQLの設定
  6. DBファイルをインポート
  7. wp-config.phpの編集
  8. チェック

1.のデータベースのバックアップについては念には念をということで、こちらのサイトも参考にしました。
データベースのバックアップ – WordPress Codex 日本語版

DBファイルのエクスポートの時、PHP-MyAdminログオンの時日本語をUTF-8を選択すること。エクスポート画面でのチェック項目の確認。など

2.のDBファイルの編集は必要ありませんでした。

3.のファイルの圧縮も8MB以下っだたので必要なし。また、MySQL5.xの場合インポートファイルは16MBと表示されていました。

4.5.6.については特に問題なしでした。

7.wp-config.phpの編集を忘れると「データベースに接続できません」と怒られます。

やってみるとあっけないほどに簡単でした。WordPressも無事アップデートできました。

文字化けも起きていないようです。ただしWordPress2.6からは【自動アップデート】機能は効きませんでした。最新バージョンを使用するメリットはこんなところにも有るんでしょうね。

『時代の変化』に対応するためにも自分自身の意識変革と自己改革が必要なのでしょう。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。