ハシズム=橋下主義

一応、橋下徹氏の著作はこれだけ(Amazonで)あるようです。
Amazon.co.jp: 橋下 徹:作品一覧、著者略歴

大阪市長選が27日までの日程で戦われている。橋下徹VS平松邦夫。

ハシズム=橋下主義に言及する情報が増えている。

上記の『図説・心理戦で絶対に負けない交渉術』(日本文芸社)は
図説心理戦で絶対負けない交渉術 どんな相手も丸め込む48の極意! : 橋下徹/著 – セブンネットショッピング(こちらより引用)

本の内容
自分のペースに引き込むかけひき論から、相手を説き伏せるレトリック、鉄壁の交渉話術まで、橋本流・最強の交渉術を明かす。思い通りに相手を操る非情の実践テクニック。

目次
第1章 「脅し」と「利益」のかけひき術(交渉相手を動かす三つの法則
相手をうなずかせる仮装の利益 ほか)
第2章 相手を言いくるめる詭弁の極意(一度オーケーしたことを覆す技術
立場の入れ替えを効果的に使う ほか)
第3章 絶対負けない交渉鉄則(交渉は圧倒的に後攻が有利
紛争原因となった行為を責めない ほか)
第4章 相手をたたみ込む話術のポイント(ピンチを切り抜ける言い訳とは
結論は相手の口から言わせる ほか)
第5章 膠着状態の突破術(相手をねじ伏せるデータの使い方
交渉が停滞してきたときの突破法 ほか)

橋下氏の言論テクニックの詳しい解説は
「橋下徹の言論テクニックを解剖する」中島岳志‐マガジン9
「橋下徹の言論テクニックを解剖する-その2」中島岳志‐マガジン9
結論として中島氏は

 最後の二つの「極意」などは、橋下氏と大阪維新の会メンバーとの関係を想起すると、大変興味深いものがあります。
 以上、ざっとではありますが、橋下氏の著書の分析から見えてくる橋下氏の言論テクニックを検討しました。私たちは、まず橋下氏の「手法」を知る必要があります。彼がどのような言論テクニックを用いて政治を進めて行くのかを熟知し、冷静な眼を養ったうえで、彼が提示する政策を検討する必要があります。私たち国民の方が熱狂に乗ってはなりません。
 これからは、橋下氏の発言に接した時に、「どのテクニックを使っているのか」をじっくりと検討してみてください。そうすると、客観的で冷静な視点を獲得することができます。「スキを与えない」ことを「極意」とする政治家に対してもっとも有効な方法は、一呼吸入れることです。
テレビの前で、また新聞を読みながら、ぜひ実践してみてください。これまで気付かなかった論理の飛躍や問題点が見えてくると思います。

と述べています。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。