相続税

民主党税制調査会(藤井裕久会長)が相続税の増税を見送った、そうだ。

復興増税:民主税調役員会 相続税は見送り

そもそも相続税って何?いくらから掛かるの?

No.4102 相続税がかかる場合|相続税|国税庁
詳しくは上記国税庁のサイトで見てください。
簡単には、遺産相続した財産から基礎控除分を除いた残額に応じて税率をかけた額が税金となりますね。

では、その基礎控除額とは、5,000万円+1,000万円×法定相続人数 だそうです。
つまり最低でも6,000万円の遺産相続がなければ相続税はかかりません。

しかし、6,000万円の相続財産がある人は国民の何%位なのでしょうか。ある人は、相続税は100%にすればよい、と言っていました。そうすれば日本の財政危機などいっぺんで解消する、と。なぜ、金持ち、富裕層の税金を少なくするのでしょうか。なぜ所得税の累進性を下げ、直接税(消費税)を重くするのでしょうか。一体、誰が得をするのでしょう。なぜ、貧困と格差が起きてきたのでしょうか。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。