嘘と隠蔽と世論操作

原発問題に関しての報道はいつまで続くだろうか。東電提出の「黒塗り文書」が象徴するように「嘘と隠蔽と世論操作」が続いている。そして、原発マネーが「国策」のもとにバラ撒かれてきた。東電は謝罪したものの、原発を推進した政治家も手を貸した科学者も芸能人も謝罪をしていない。

これが『日本人の流儀』なのか。

地震、津波、原発。3.11から10ヶ月が過ぎて、未だ『嘘と隠蔽と世論操作』が続いている。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。