画像加工・作成ソフト

画像加工のデータ形式

ドロー系:ベクター画像

図形の座標やその特性情報(円・矩形など)により、図形を描いていくソフトです。きめの 細かい図形が正確に描けますし、図形の追加・修正が簡単にで きますので、グラフィック関係では幅広く使われています。ドロー系では、図形の拡大しても、きれいに描けます。また、コンピュータへの負荷は、ビットマッ プ系に比べはるかに小さくてすみます。CADや、Flashなど。

ドロー系の図形ファイルには、ファイルの拡張子として、.svg、.ai、.wmf、eps などがあります。

市販のソフト:Adobe Illustrator

フリーソフト:Inkscape (いんくすけーぷ)

ビットマップ(ペイント)系:ラスター画像

デジカメで撮影した画像。ビットマップ(ペイント)系では、画像をたくさんの画素に分割 して、画素ごとに色情報を持たせる。画素数が多いと、拡大してもきれいな画像になりますが、画素数が少ない画像 を拡大すると、ギザギザの画像になる。また、画素数を多くすると、画像のデータ量が増えるため、コンピュータでの処理に多くの負荷がかかる。ラスタは格子 状のビットの集合。

ビットマップ系の図形ファイルには、ファイルの拡張子として、.jpg、.gif、.png、bmp などがあります。

市販のソフト:Adobe Photoshop

フリーソフト:GIMP (ギンプ)

GIMP最新版はこちらから—>★Gimp wiki

画像ファイルフォーマット – Wikipedia

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。