三島由紀夫

なぜ。正直、そう思いました。
嫌いな作家ではなかったし。

1969年なんですね。

そして、彼は。。。。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。