Freesoftの紹介—ブラウザー編

使用している、オープンソースorフリーソフトの紹介と覚書です。

まずは、ブラウザーです。
ブラウザーとは、インターネットを見るためのアプリケーション。 データを作ったり、加工したりする必要がなければ、ブラウザーというアプリケーションだけあれば必要十分です。

クラウドコンピューティングが実現すれば、OSとブラウザーだけのコンピューターで十分に使えます。そもそも、ネットブックというコンピューターの存在理由とは、OSとブラウザーだけのコンピューターでネットに接続して使用することが目的だったのですから。アプリケーションもデータも、コンピューターの中にあるのではなく、ネットの中にある、そういう環境の中で使用することが前提条件だったのです。

iPhone4が話題になっていますが、スマートフォーンという通信基盤の上で、ネットに繋がって使用するコンピューターといって良いのではないでしょうか。つまり、携帯のパソコン化。

だから、ネットブックとはパソコンの携帯化です。(?)

あなたのパソコンには、何のブラウザーが入っていますか。知らないと答える人が、大部分かもしれません。多くの人がブラウザーを知ることなく、インターネットを使っています。メーカー製のコンピューターもその他のコンピューターも、Windowsのコンピューターであれば、ほとんどインターネットエクスプローラーが入っています。そして、殆どの人がインターネットエクスプローラーを使用しています。パソコンに詳しい人も、初心者も、インターネットエクスプローラーを使っています。ワープロソフトといえば、WORDだというように。。。

あなたのパソコンには、何のブラウザーが入っていますか。

Firefox、Opera、Chrome、Safariって知っていますか?
これらもブラウザーです。 他にもたくさんのブラウザーがあります。

★窓の杜 – Webブラウザー

★Vector:ダウンロード Windows > インターネット&通信 > Web用ユーティリティ

ただ、これらのブラウザーは自己責任でインストールしなければなりません。(もちろん、インターネットエクスプローラーもですが)インストール自体はそれほど難しくありませんが、パソコンに詳しい人?にお願いしてインストールしていただくのが良いかもしれません。自己責任を十分に認識しているなら、インストールに挑戦してみてください。

私の場合、Firefoxをメインに使用しています。便利なプラグインというツールが沢山あるからです。例えば、開いたページのサブタイトルとUrlをクリップボードにコピーするツールなどブログにリンクを設定するときや、資料としてリンク先を記録しておきたい時などに便利です。

最近は、タブ型のブラウザーが殆どといっていいですね。インターネットイクスプローラなどもタブ型に対応しているのですが、使い方を知らない人が多いですね。

どのブラウザーが良いかは、何をしたいかとか、カスタマイズの機能性とか、自分に最適なものを選択するべきでしょうね。例えば、一番使用者が多いインターネットエクスプローラなどは使用方法が判らなくなった時、使っている人に教えを乞うことができますね。

ただ、複数のブラウザーをインストールしておくことは、問題が発生した時に、非常に重要なことです。Google-クロームなどは起動が早く、インストールも簡単です。初心者の人でもGoogleのサイトからオンラインで簡単にインストールできます。

Google Chrome – ブラウザのダウンロード
(対応OSはWindowsXP以降です)

ウェブブラウザ – Wikipediaとは。

ブラウザーのシェア争いについては
ブラウザ戦争 – Wikipedia

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。