カテゴリー : ★地方政治・地方自治

NPM

NPM【ニュー・パブリック・マネジメント】:New Public Management
—引用—

ニュー・パブリック・マネジメント(NPM)とは、民間企業における経営理念、手法、成功事例などを公共部門に適用し、そのマネジメント能力を高め、効率的で質の高い行政サービスの提供を目指すという考え方である。
行政の意識を、法令や予算の遵守に留まらず、より効率的で質の高い行政サービスの提供へと向かわせ、行政活動の透明性や説明責任を高め、国民の満足度を向上させることを目指す。
1980年代半ば以降、ニュージーランドでは市町村合併という行政のシステムの最適規模についての検討がなされ、イギリスでも二層制の地方組織がいいのか、それともロンドンを特別に大きな地方団体として扱うべきかなどについて検討された。
NPMの三つの基本原則として、(1)競争原理の導入(2)業績/成果による成果主義、(3)政策の企画立案と実施執行の分離(権限委譲)が挙げられる。
引用元
http://www.hitachi.co.jp/Div/jkk/glossary/index.html

「NPM」行革を批判、分析した書。
「NPM」行革から市民の自治体へ:安達智則 著:旬報社

NPMを実現する立場からの解説。

NPMに基づく先進的アウトソーシング事例

NPM(New Public Management)の考え方に基づき、より効率的で質の高い行政サービスを提供している、地方公共団体における先進的な事例

と、ありますが、何がどう変わっているのでしょうか。効率的で質の高いサービスが実現しているのでしょうか?
アウトソーシング(外部委託)

洋々亭の法務ページ

地方自治体の問題を現場から考える、ということで様々な問題・事例について参考になることが掲載されています。
—引用—

地方分権、電子政府、政策法務、情報公開、行政評価、指定管理者、NPO…。
ここ、洋々亭は、激動の時代に翻弄される地方自治体職員のみなさんに、共感を込め、法務を中心とした情報と交流の場を提供しています。
あなたもぜひ、この輪に加わってみませんか?


こちらのサイトには全国の自治体の条例や規則、例規集へのリンクがあります。【こちら】
また自治体サイトへのリンク集もあります。
以前自治法務について勉強しようとして、サイトへのリンクを設定していたのですが、2年も経ってリンク切れが続出です。もう一度、自治法務について勉強しようか、と。。。。妄想か。

地デジ

地上デジタルテレビジョン放送局(西讃岐中継局)の予備免許を付与
≪8月から西讃地域で地上デジタル放送がスタート≫

ようやく西讃地域でも8月1日から地デジが見えるようになるらしい。
でも西讃地域って日本の中でも特殊な地域なのかしら???
まだまだ忘れられた地域がありそう。
これも格差社会の現実かも。。。(当然と考えている人たちが多数なのかな。)
コストの掛る地方なんて、放っておけ、破綻してなくなってしまえ、年寄りの町なんて潰れて当然。
と考えている人たちが政治をやっているんだもの。
「ふるさと納税制度」なんておかしいよ。交付税制度を元に戻せ、!!!

リンクについて

リンクという行為が著作権に抵触するのかという問題について。
リンクを張る場合はWEBの作者に連絡するようにと断り書きがある場合がある。では断りなしにリンクを張るのは、違法なのかといえば、違法ではない、と理解しているのだが。
こちらのサイトに法的な解説がある。↓クリック

「ウェブページのリンクおよびその他の利用について」
リンクは自由である!
印刷媒体での言及も自由である!
引用は公正な慣行に従って!
無断複製は違法である!


またリンクに関してのガイドラインを載せているサイトもある。
リンクに関してのガイドライン
該当WEBサイトへのリンクは自由と断ってある。
(社)著作権情報センターにもリンクについての説明がある。
無断でリンクを張ることは著作権侵害となるでしょうか。
日本共産党中央委員会のサイトへのリンクに対する見解
原則的には自由だということです。
※ただリンクを張っても元情報が移動・削除されればリンクは切れる。このサイトも新聞記事、他のサイトへのリンクを多用しているが、半年でリンクが切れているものもある。これは如何ともしがたい。常時確認しつつリンク切れを謝ることもできない。
リンクとは、そういうものだと理解していただきたい。

香川県内自治体の例規・条例集

あの分厚い例規集。WEBで閲覧できれば、どからでも、自分の町の条例・規則を知ることができます。
高松市例規集(内容現在:平成18年4月1日)
http://reiki.city.takamatsu.kagawa.jp/d1w_reiki/reiki.html
丸亀市例規集(平成18年4月1日現在)
http://www.city.marugame.kagawa.jp/d1w_reiki/reiki.html
坂出市例規集(平成18年4月20日現在)
http://reiki.city.sakaide.lg.jp/reiki.html
善通寺市例規集(内容現在:平成18年1月1日)
http://www.city.zentsuji.kagawa.jp/
観音寺市
http://www.city.kanonji.kagawa.jp/
検索してみましたが、
“例規集”に該当する情報を見つける事ができませんでした。
サイトマップにもそれらしい記載はありません。
さぬき市例規集(内容現在 平成18年07月01日)
http://www.city.sanuki.kagawa.jp/reiki_int/reiki_menu.html
東かがわ市例規集(平成18年4月1日現在)
http://www.higashikagawa.jp/reiki/reiki.html
三豊市
http://www.city.mitoyo.lg.jp/
例規集はありません。合併後、例規集のサイトはありました。「ただいま準備中です」の札が掛かっていたのですが、いつのまにか姿が見えません。
旧高瀬町にはありました。財田町も準備中でした。
革新系の議員も必要性は感じていないようです。
市で例規集をWEB公開していないのは、観音寺市と三豊市。
三豊市例規集が9月7日アップされました。
三豊市例規集

土庄町
http://www.town.tonosho.kagawa.jp/index.htm
まだ実現していないようです。下記のような文書がありました。
? 住民への情報提供と説明の拡充
○ ホームページの活用による住民への情報提供
 ・ 町長交際費
 ・ 人件費(給与関係)
 ・ 議会だより
 ・ わかりやすいホームページの構成
 ・ 例規集の登載

http://www.town.tonosho.kagawa.jp/gyoukaku/gyokaku-jissikeikaku.html
小豆島町
http://www.town.shodoshima.lg.jp/index.html
見つかりません。
三木町例規集(内容現在 平成18年06月28日)
http://www.town.miki.lg.jp/reiki_int/reiki_menu.html
トップページには記載がありません。サイト内検索で見つけました。
綾川町
http://www.town.ayagawa.kagawa.jp/
見つかりません。サイトマップもサイト内検索もありません。
宇多津町
http://town.utazu.kagawa.jp/
見つかりません。サイトマップもサイト内検索もありません。
トップページに自衛隊へのリンクがあります。
直島町例規集(平成18年5月19日現在)
http://www.town.naoshima.lg.jp/d1w_reiki/reiki.html
まんのう町
http://www.town.manno.lg.jp/
ありません。
多度津町例規集(内容現在 平成18年03月14日)
http://www.town.tadotsu.kagawa.jp/reiki/
琴平町例規集(内容現在 平成18年06月16日)
http://www.town.kotohira.kagawa.jp/reiki/reiki_menu.html
以上、香川県内8市9町の例規集公開の現状です。
香川県法規集データベース(内容現在:平成18年3月31日)
http://www.pref.kagawa.jp/homubunsho/hoki/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各自治体の例規・条例の公開に対する考え方の違いは何を意味するのだろうか?
自治体の首長の考え方か、職員の情報公開に関する意識の違いか。それとも住民の参政意識の問題か。問題は議会そのものにもある。議員自体が情報公開、情報共有に関する無理解、認識が掛けているように思えてならない。
改革を進めるためにも、まず情報の公開は最初に改革すべき問題ではないだろうか。