カテゴリー : ★三豊市の議会

三豊市議に懲役1年求刑?脱税事件で高松地検

三豊市議に懲役1年求刑?脱税事件で高松地検―四国新聞社
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/article.aspx?id=20080522000108
まだ、議員を辞職してはいないらしい。
議員って何?他の議員はどう考えているのだろう。
orz 失望中。。。。

脱税で市議を在宅起訴

NHKニュース
記事引用

起訴されたのは、香川県三豊市にある人材派遣会社「トシカンパニー」の役員で、三豊市議会議員の城中利文被告(52)です。関係者によりますと、城中議員は、新しい会社の場合、一定の条件を満たせば消費税が2年間免除される制度に目をつけて、実体のないダミー会社を次々に作りました。そして、みずからが経営する人材派遣会社の派遣業務を、これらのダミー会社に外注したように装って、おととしまでの3年間に消費税およそ2300万円を脱税したとして、消費税法違反の罪に問われています。トシカンパニーは、高松国税局の指摘を受けて、すでに修正申告しているということです。城中議員はNHKの取材に対し、「脱税するつもりはなかったが、消費税について認識が足りなかった。議員という公的な立場でもあり、反省している」と話しています。


午前中に新聞社から取材の電話がありました。何故私なのかは判りませんが、共産党ということで取材対象とされたようです。「現職でないから判らない」というと、共産党の現職は誰ですかと、問われた。
もちろん、現職の共産党議員を教えたが、なんかすっきりしない。
ところで、「脱税するつもりはなかったが、消費税について認識が足りなかった」、こんな言い分が通用すると考えているのだろうか。実体のないダミー会社を次々と作った、このことからも確信犯的な、脱税目的であることは明確ではないのか。
「議員という公的な立場で」反省している、???。。。。。こんな言い訳が、議員て、何だ。。。。
「反省」なら、サルにもできる。。。。。。反省ですむ問題か。。。。
市議会の対応はどうするのだろうか?辞職勧告?それとも見逃し?

KSB 瀬戸内海放送 – 地域

三豊市議を在宅起訴?消費税2400万円脱税―四国新聞社
asahi.com:三豊市議が2400万円脱税-マイタウン香川

三豊市議会インターネット議会生中継

視聴しました。少しサイト内の場所が不親切な気がします。
議会サイト・トップ ⇒ 市民と市議会 ⇒ 三豊市議会インターネット議会生中継 ⇒ 議会中継 ⇒ →議会中継はココをクリック←
視聴するために3段階の階層があります。なぜ、トップページからワンクリックで見られるようにできないのでしょう。また、質問する議員の質問項目が別のページにあります。もう少し親切なページ構成にならないものでしょうか。
また質問者の議員名を字幕で表示できないのでしょうか。途中から見ると、誰なのか判りません。


今回の質疑の中でいくつかのことが判りました。
三豊市の光ケーブルについては、NTTには実現の計画がない。三豊ケーブルTVが光ケーブルを自社負担で平成20年から10年計画で引く予定であり、行政に住民説明会等の支援を求めていること。
行政無線広報の計画は19億の予算で、計画が進展中であること。現在の高瀬や三野町で使われているアナログ方式の広報無線は廃棄されるらしいこと。各種の行政無線の方式を検討する委員会で不可解な決定があったこと。(三木議員の指摘)
高瀬町や三野町の一部で行われている特定生活廃水処理事業が廃止され、個人設置型の合併浄化槽に政策変更されるらしいこと。国の補助事業は終了していないにも関わらず、市としては施策の変更がなされる。これは合併協議の中で、確認されたことに反するのではないかとの指摘があった。合併協議会では、継続するとの確認が為された。だから、住民のみなさんにもにも、継続されるから安心してくださいと説明した。
何故変更されるのか、理由の説明がない。市民部長は『協定項目』を変更する時は全議員対象の会議でなければならないのかと、居直ったような感じの発言だった。
また何人かの議員が、幼稚園、保育所の臨時職員の問題を取り上げている。資格を持っていながら、10年以上、臨時職のままで処遇されているのはおかしいのではないかとの指摘に、市長は現在財政の再建中だから、財政的な問題が処理できてから、考えると答弁。
しかし、財政改革と将来への計画的施策は同時に行うべきではないのか。5年後10年後の対処では遅過ぎるのではないか。まるで、小泉改革の話を聞いているようだ。現在の格差問題への認識など感じていないように聞こえる。新自由主義的な論調での発想であり、説明のように感じた。
幼稚園や保育所の民営化、統廃合への意識も垣間見える。

三豊市議会が見える

三豊市議会が見える
今日四国新聞を見て驚きを感じた。こちらの記事。
三豊市議会が代表・一般質問のネット中継開始―四国新聞社


2年経過してようやく市議会が変わったのか?!
三豊市議会のサイト
三豊市議会 三豊市議会インターネット議会生中継
三豊市議会会議録
三豊市議会 議会の日程


3月10日月—9:30—本会議 (代表質問)—議会ライブ中継
3月11日火—9:30—本会議 (一般質問)—議会ライブ中継
3月12日水—9:30—本会議 (一般質問)—議会ライブ中継


まだ十分には見ていないが、いくつか気になる点がある。「生中継」と断っているから、LIVEのみでライブラリーまでは準備しないのだろう。つまり、「議会中継中」しか視聴できないのか。
議会は昼間だから、仕事をしている人には見れない。夜、じっくり見ることができない。議会の中継をしている時間しか見えない。絶対にライブラリーをつくべきだ。どこでも、いつでも見られるように。
議事録に関しては、システムとしてかなり見やすいものと成っている。検索キーワードが表示されているので検索もし易いのではないだろうか。ただ、単語が一般的なもので、現在の市の施策に近い言葉が見当たらない。たとえば「ゴミ0作戦」など。。。。
三豊市の行政サイトの情報の公開に不満と不信を感じていただけに、市議会の方向性を期待したい。委員会や全員協議会の内容も公開して欲しいが、まだまだ無理だろう。情報公開と住民との情報共有は、向かうべき議会のあり方だと思う。
議会改革への期待を感じさせる出来事だ。。。

▲画像をクリック▲

「議会の運営状況や審議情報等、重要な情報を市民の皆様へお知らせします。」とあります。
行政や議会の重要な情報が見えてくるのでしょうか?
残念ながら、議会への声を届ける手段は、サイトの上の方にある「ご意見・お問い合わせ」だけのようです。双方向にはなっていません。


★サイト内類似記事
地方議会改革・活性化

海外研修—その3

三豊市議会の個々の議員の意見が四国新聞のアンケートに示されている。「バイオマス方式」についての積極的賛成は、2議員だけ。また、「ごみ処理方式」については三観広域で「白紙」に戻ったらしい。
ではなぜ、「海外研修なのか」、もう一度問いたい。
目的は何なのか。研修予定はどうなっているのか。情報公開はするのか。
費用はどうなるのか。政務調査費を当てると言うが、今後の政務調査に支障は出ないのか。
また、「ごみ処理方式が白紙」に戻り、三豊・観音寺で議論を始めるに際して、観音寺市側への配慮の気持ちは無いのか。
なぜ、調査研究が海外への視察研修となるのか、どう考えても納得できない。もっと議会において、専門家からの意見を聞いたり、研究をすべきではないのだろうか。
「処理方式」が白紙に返った以上、三豊市としては何をなすべきか考えて欲しい。