カテゴリー : ★三豊市の議会

三豊市議会政務調査費—その4

[政務調査費住民訴訟]で問われる倉敷市の自浄能力
よし子の微笑みブログ 日本共産党 倉敷市議 大本よし子

地方自治法 – Wikipedia
地方自治法 – Wikisource

100条
13 普通地方公共団体は、条例の定めるところにより、その議会の議員の調査研究に資するため必要な経費の一部として、その議会における会派又は議員に対し、政務調査費を交付することができる。この場合において、当該政務調査費の交付の対象、額及び交付の方法は、条例で定めなければならない。
14 前項の政務調査費の交付を受けた会派又は議員は、条例の定めるところにより、当該政務調査費に係る収入及び支出の報告書を議長に提出するものとする。

政務調査費 – Wikipedia
全国市民オンブズマン 政務調査費 特設ページ


問題点

* 地方自治法では、当該自治体の議長に対して政務調査費の収支報告書の提出は義務付けられているものの、詳細は決められておらず、どこまでの書類を求めるかは自治体により異なる。剰余金については返還することを要するが、領収書の添付までは求めていないケースが多いことから事実上チェックすることが不可能である。それゆえ、しばしば批判の元となり、透明性が求められている。
* 上記の批判もあることから、近年、領収書の添付を義務付ける自治体も増えてきている。2007年現在、都道府県議会レベルで、全ての支出について領収書の添付が義務付けられているのは、岩手県、宮城県、新潟県、長野県、鳥取県の5県。条件付きで必要なのは、北海道、秋田県、三重県、滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県、島根県、山口県、高知県の10道府県の議会となっている(2007年時点)。
* 金額の大きさが問題となるケースも多い。
* 不適切な使途が問題となり、住民監査請求で返還を求められるケースも多い。
* 政務調査費制度は、国会議員の「文書通信交通滞在費」を参考に作られたと言われている。「文書通信交通滞在費」(国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律第9条)はすべての国会議員に対し、歳費とは別に月額100万円を非課税で支払われている。文書通信交通滞在費の使途については報告義務がなく、利用実態が不透明であることから、「第2の歳費」とも言われている。


島根県浜田市議会では
政務調査費の交付に関する細則・使途基準|浜田市議会ホームページ
『支出することができるもの』『支出することができないもの』とまで決めている。ここまで決めなければ納得できる使用実態にはならないのだろう。政務調査なんて言葉で一くくりできる程、事は簡単ではない。立場や党派によっても解釈は違うだろうし、難しい。
そして浜田市議会では政務調査費に関する資料を議会自らサイトで公表している、
議員別政務調査費支出状況【平成19年度】|浜田市議会ホームページ
坂口三豊市議会議長にも議会自らがサイトで公表すれば、市民が多額の費用を支払って情報公開請求する必要がなくなるのだから、坂口議長が評価されますよ、と進言したのだが。。。。
問題は金額の多寡ではない。議員によっては自分は正当な使い方をしているし、費用は掛かるから必要、ということをいう。しかし問題はその正当性とともに他の議員がどのような使い方をしているかを監視する義務もあるのではないだろうか。(それは怖いからできないか)
もう、領収書の添付や情報公開で解決できる問題ではないように思う。議会への通勤燃料費まで政務調査費から支出する議員なんて、いかに議員としての活動がすばらしいものであっても、公金に対する金銭感覚が疑わしいといわざるを得ない。議員報酬の範囲内で、議会活動も、議員活動も行うべきだろう。そして自らの見識を高める活動も。。。


三豊市議会政務調査費—その1 (たかせの政治・三豊のまつりごと)
三豊市議会政務調査費—その2 (たかせの政治・三豊のまつりごと)
↑平成18、平成19年度議員別交付確定額・支出明細内訳を掲載
三豊市議会政務調査費—その3 (たかせの政治・三豊のまつりごと)


三豊市議会政務調査費—その3

デジタルカメラの購入費。
パソコンのリース料。
一般の新聞購読料。四国新聞、読売新聞、、、聖教新聞、あかはた日曜版。。。
ICレコーダー。
偽造でないかと思われる、手書きの領収書。
庁舎への通勤用燃料代。
電話料金、携帯の電話料金。
FAXトナー代。プリンターインク代。デジカメのメモリー代。
インターネットプロバイダー料。ホームページ運営管理料。


そもそもどのような議論があって政務調査費が採択されたのか議事録を調べてみました。
三豊市議会会議録
:平成18年>>第2回定例会>>(第5日)本文
40番目に横山市長からの議案提案の説明がある。
43番目の発言で、ただ一人、日本共産党の岩田秀樹議員の発言があるのみ。さしたる議論も無く採択されている。反対は無く、全会一致ですね。


ある議員はもう廃止するしかない。使途基準だって曖昧だ、という意見らしいですが。。。。
もともと政務調査費は『第2の議員報酬』だといわれていたのだから、採用したことが間違いっだったのでしょう。性善説でなく、性悪説の前提で考えるべきでしょう。使い切る体質なんて直らない。
ネットの中でも色々意見があるようです。
高槻ご意見番: 【政務調査費】後退する使途基準
内実はかなり右よりのイデオロギーが掛かっているようですが。。。どうも特定の議員のサイトのようですね。参考までに。。。。


政務調査費についてのこれまでの記事。
政務調査費 (たかせの政治・三豊のまつりごと)
政務調査費 (たかせの政治・三豊のまつりごと)
政務調査費について (たかせの政治・三豊のまつりごと)

三豊市議会政務調査費—その2

平成18年度、平成19年度政務調査費収支報告書及び明細書(領収書含む)を一挙掲載します。
議席番号順です。(すべてPDFファイルです)


三豊市議会 議員紹介を参考にして下さい。

01 藤田 公正(ふじた こうせい)

平成18年度政務調査費及び明細書 24ページ

平成19年度政務調査費及び明細書 31ページ

02 川崎 秀男(かわさき ひでお)

平成18年度政務調査費及び明細書 21ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 26ページ

03 十鳥  彰(じゅうとり あきら)

平成18年度政務調査費及び明細書 37ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 30ページ

04 藤田 芳広(ふじた よしひろ)

平成18年度政務調査費及び明細書 18ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 32ページ

05 詫間 政司(たくま まさし)

平成18年度政務調査費及び明細書 18ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 44ページ

06 金子 辰男(かねこ たつお)

平成18年度政務調査費及び明細書 13ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 22ページ

07 山本 明(やまもと あきら)

平成18年度政務調査費及び明細書 18ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 17ページ

08 近藤 賢司(こんどう けんじ)

平成18年度政務調査費及び明細書 13ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 11ページ

09 城中 利文(しろなか としふみ)

平成18年度政務調査費及び明細書 15ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 18ページ

10 眞鍋 昌年(まなべ まさとし)

平成18年度政務調査費及び明細書 14ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 13ページ

11 三木 秀樹(みき ひでき)

平成18年度政務調査費及び明細書 15ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 12ページ

12 大平 俊和(おおひら としかず)

平成18年度政務調査費及び明細書 19ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 17ページ

13 鴨田 偕(かもだ つよし)

平成18年度政務調査費及び明細書 21ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 13ページ

14 小林 照武(こばやし てるたけ)

平成18年度政務調査費及び明細書 34ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 21ページ

15 大平 敏弘(おおひら としひろ)

平成18年度政務調査費及び明細書 20ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 12ページ

16 近藤 久志(こんどう ひさし)

平成18年度政務調査費及び明細書 17ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 23ページ

17 香川 努(かがわ つとむ)

平成18年度政務調査費及び明細書 13ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 10ページ

18 川北 善伴(かわきた よしとも)

平成18年度政務調査費及び明細書 18ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 15ページ

19 岩田 秀樹(いわた ひでき)

平成18年度政務調査費及び明細書 31ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 15ページ

20 瀧本 文子(たきもと ふみこ)

平成18年度政務調査費及び明細書 25ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 13ページ

21 肥吾 豊志(ひご とよし)

平成18年度政務調査費及び明細書 26ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 18ページ

22 三宅 静雄(みやけ しずお)

平成18年度政務調査費及び明細書 11ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 17ページ

23 為広 員史(ためひろ かずし)

平成18年度政務調査費及び明細書 11ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 17ページ

24 横山 強(よこやま つよし)

平成18年度政務調査費及び明細書 20ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 22ページ

25 宝城 明(たからぎ あきら)

平成18年度政務調査費及び明細書 8ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 10ページ

26 金丸 勉(かなまる つとむ)

平成18年度政務調査費及び明細書 16ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 14ページ

27 大西 敏典(おおにし としふみ)

平成18年度政務調査費及び明細書 22ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 19ページ

28 眞鍋 時敏(まなべ ときとし)

平成18年度政務調査費及び明細書 11ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 7ページ

29 坂口 晃一(さかぐち こういち)

平成18年度政務調査費及び明細書 7ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 13ページ

30 多田 治(ただ おさむ)

平成18年度政務調査費及び明細書 17ページ
平成19年度政務調査費及び明細書 15ページ

三豊市議会政務調査費—その1

政務調査費とは


– 香川県三豊市- 三豊市例規集
三豊市議会政務調査費の交付に関する条例
三豊市議会政務調査費の交付に関する条例施行規則

第3条 政務調査費の額は、年額36万円とする。

議員30名×36万円=10,800,000円
別表(第5条関係)政務調査費の使途基準


★三豊市議会へのリンク
三豊市議会 議員紹介
三豊市議会 委員会別名簿
三豊市議会 会派別名簿

三豊市議会で政変???

三豊市議会で議長職をめぐり、政変があったらしい。
新議長に坂口氏選出/三豊市議会臨時議会―四国新聞社
保守系10人が新会派を結成/三豊市議会―四国新聞社
二人の議員が伝えている。
詫間政司議員のサイト
詫間政司の日記帳: 議会改革への大きな一歩
詫間議員は無所属で活動することを明言している。
大平敏弘議員のサイト
大平敏弘の未来ネット: 長い一日
大平議員は自らの会派を明言していない。

七宝会——15人
三豊クラブ—10人
共産党——2人
無所属——3人:議長を含む

※訂正:無所属に議長を含むと書きましたが、議長は会派を離脱していないそうです。!!
—09/03/10
※1年前に、会派離脱で有罪の責任をとったというあの議員は???どこに???


※会派別の人数が報道後変わっています。大平議員が後から会派離脱をしたそうです。

■会派別 (期の古い順)

【七宝会】14名
多田治、坂口晃一、大西敏典、金丸勉、為広員史、三宅静雄、肥吾豊志、川北善伴、小林照武、大平俊和、藤田芳広、十鳥彰、川崎秀男、藤田公正
【三豊市民クラブ】10名
眞鍋時敏、宝城明、横山強、香川務、近藤久志、鴨田偕、眞鍋昌年、近藤賢司、山本明、金子辰男
【日本共産党】2名
滝本文子、岩田秀樹
【所属なし】4名
大平敏弘、三木秀樹、城中利文、詫間政司
◎会派は2名以上なら作れる。(合計30名)