カテゴリー : blogツール

助かります。

いやー助かります。MT3.2の解説本がまだ出版されていない状況で、過去の解説が役に立たないこともあり、こうしたサイトは本当に助かります。
感謝、感謝です。シェイシェイ
こちらです。
http://syufway.com/test_blog/2006/01/post_13.html

コメント投稿欄

投稿欄の幅を広げました。
450pxにしました。
styles-site.cssの該当部分を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/* content */
#comment-author, #comment-email, #comment-url, #comment-text
{
width: 240px;
}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ↓下のように書き換える。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
#comment-author, #comment-email, #comment-url
{
width: 240px;
}
/*追加*/
#comment-text
{
width: 好きな幅サイズpx;
}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
とするだけ。
http://syufway.com/test_blog/2006/01/post_13.html

エントリーのヘッダー

MovableType3.2 エントリーのヘッダーを目立たせる方法
http://www.bakagaku.com/blog/2005/10/movabletype32_2.html#more
styles-site.cssというテンプレートの.entry-header という部分をカスタマイズすればよいらしい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/* エントリーのヘッダー */
.entry-header{margin-top: 0;
border-left: 5px solid #dae0e6;
padding: 0 0 0 10px;
color: #000000;
background-color: orange;
border: 2px dotted black;
margin: 5px;
padding: 3px;
font-size: 15px;
font-weight: bold;}
/* エントリーのヘッダーend */
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
うまくいきました。
それにしても、MT3.2以前の解説書が役に立たないジャン、ということです。

件数表示

件数表示できました?
<!– ■カテゴリー 件数■ –>
[<$MTArchiveCount$>]<$MTSubCatsRecurse$>
<!– ■カテゴリー ■ –>
前回のスクリプトから
<$MTSubCatsRecurse$>
の部分を削除しただけですが、表示されました。サブカテゴリーも表示されています。
まるっきり手探りですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
他のサイトに [<$MTArchiveCount$>] を書き足せば良いんだという内容がありました。簡単なんだ。。。。フッ-
あれっ、なんだこれわー。
なに思わず
[<$MTArchiveCount$>] を貼り付けたんだが、ちゃんと表示されている。特殊コードを置き換えなくても表示されている。ワカランがなー。。。。。。・・・・・・・

件数表示

サイドバーにカテゴリーの記事件数表示したい。
かてごりーにサブカテゴリーがない場合は、うまくいくのだが。
サブカテゴリーがある場合は、2重に表示される。
<MTIfArchiveTypeEnabled archive_type=”Category”><div class=”module-categories module”>
<h2 class=”module-header”>カテゴリー</h2>
<div class=”module-content”>
<MTTopLevelCategories>
<MTSubCatIsFirst><ul class=”module-list”></MTSubCatIsFirst>
<MTIfNonZero tag=”MTCategoryCount”>
<li class=”module-list-item”><a href=”<$MTCategoryArchiveLink$>” title=”<$MTCategoryDescription$>”><MTCategoryLabel></a>
<!– ■カテゴリー 件数■ –>
[<$MTArchiveCount$>]<$MTSubCatsRecurse$>
<!– ■カテゴリー ■ –>
<MTElse>
<li class=”module-list-item”><MTCategoryLabel>
</MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse>
</li>
<MTSubCatIsLast></ul></MTSubCatIsLast>
</MTTopLevelCategories>
</div>
</div>
</MTIfArchiveTypeEnabled>