カテゴリー : blogツール

Webサイトの再構築—WordPress2.9で

WordPressのVersionが2.9に上がったけど、自動アップデートではエラーになる。エラーログを見ると、さくらで使用中のMySQLのバージョンが対応していない。

データベースのMySQLの要件が満たされていないらしい。MySQLを、4.Xから5.XにバージョンアップしなければWordPress2.9Xはつかえない。政治の変革を追求する立場としては、自らが進化するためにもこのプロセスを避ける訳にはいかない、ということで。(│:)関係ないだろう、厭味か)

さて、既存データベースのエクスポートとインポートをして。。。。面倒だな?

ネットで参考サイトを検索してみました。
MySQLを4から5へ(さくら+WPの場合
こちらのサイトからいくつかのサイトが紹介されています。これらのサイトを参考にしながら、やってみます。

MySQL4.X から5.X へ(さくら + WordPress の場合)


手順

  1. DB(データベース)のバックアップ
  2. エクスポートしたDBファイルの編集
  3. エクスポートしたDBファイルの圧縮
  4. MySQL4.xのDBの削除とMySQQL5.xのDBの作成
  5. DBファイルをインポートする前のMySQLの設定
  6. DBファイルをインポート
  7. wp-config.phpの編集
  8. チェック

1.のデータベースのバックアップについては念には念をということで、こちらのサイトも参考にしました。
データベースのバックアップ – WordPress Codex 日本語版

DBファイルのエクスポートの時、PHP-MyAdminログオンの時日本語をUTF-8を選択すること。エクスポート画面でのチェック項目の確認。など

2.のDBファイルの編集は必要ありませんでした。

3.のファイルの圧縮も8MB以下っだたので必要なし。また、MySQL5.xの場合インポートファイルは16MBと表示されていました。

4.5.6.については特に問題なしでした。

7.wp-config.phpの編集を忘れると「データベースに接続できません」と怒られます。

やってみるとあっけないほどに簡単でした。WordPressも無事アップデートできました。

文字化けも起きていないようです。ただしWordPress2.6からは【自動アップデート】機能は効きませんでした。最新バージョンを使用するメリットはこんなところにも有るんでしょうね。

『時代の変化』に対応するためにも自分自身の意識変革と自己改革が必要なのでしょう。

WordPress の最新バージョンは 2.8.4

Main Page – WordPress Codex 日本語版

ただいま、サイト再構築中です。
4月25日から休止中でしたが、何とか復活を果たし、何とか生きる道を探りつつ、営みを再開しています。

長々と、ご心配を頂き、メールも頂きながら、沈黙しておりました。改めて、この間の事情については報告したいと思います。

WordPress2.2.1で日本語メニュー

インストールしたのに、日本語メニューにならない???
で、ググってみました。

http://www.airgroove.com/xp/modules/bluesbb/thread.php?thr=17&sty=1&num=l50

—引用—

WordPress2.2.1とかをインストールして、いざログインして管理画面を表示!
とした時に、メニューが日本語じゃないなんて・・・orz
64bit版SuSEだからか?
php-5.2.1だから?
MySQLは関係ないやろ。
どうもwp-includes/gettext.phpの
117 if ($magic == ($MAGIC1 & 0xFFFFFFFF) || $magic == ($MAGIC3 & 0x FFFFFFFF)) { // to make sure it works for 64-bit platforms
118 $this->BYTEORDER = 0;
119 } elseif ($magic == ($MAGIC2 & 0xFFFFFFFF)) {
120 $this->BYTEORDER = 1;
121 } else {
122 $this->error = 1; // not MO file
123 return false;
124 }
ここの判定で一番最後の「not MO file」になってるっぽいんよねー。
だから122、123行目をコメントアウトして、
$this->BYTEORDER = 0;
を代わりに挿入。
ほんまにこんな解決策でいいんだろうか?

—引用終り—
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
上記の方法試す前に
なんとか日本語表示にしたい。それである人が教えてくれました。
wp-config.php の内容を変更しました。
wp-config-sample.php と比べて、抜けているスクリプトがあったので、追加しました。
—————————————————-
define(‘DB_CHARSET’, ‘utf8’);
define(‘DB_COLLATE’, ”);

—————————————————-
を追加したのと、
—————————————————-
define (‘WPLANG’, ‘ja_UTF’);

define (‘WPLANG’, ‘ja’);

—————————————————-
に変更。で、無事日本語に変わりました。
結局は、前バージョンのwp-config.phpを使用せず、手順通りにwp-config-sample.php を書き換えれば良かったんです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
困っているどなたかのお役に立てばよろしいのでは、と記録しておきます。
※参考
http://codex.xwd.jp/index.php/WordPress_Localization
追記
WordPress Japan – Localizationに日本語についてに記事がありました。
wp-config.php の作成です。

WordPress

WordPressのバージョンアップ、221になった。大体は上書きですむからラクダ。
MovableTypeもバージョン4.0になる。こちらは有料、値段も上がった。
サイトの管理はMTの方がやりやすい。が、極貧の身では、つらい。
ということで、さくらのレンタルサーバー + WordPress に決定。
サーバーは同じさくらだが、移行には時間が掛りそう。
サイト内リンクは、面倒そう。

WEBを利用して問題解決

検索サイトから辿っていくと、思わぬところにこのサイトに記事が役に立ったと書かれていた。わが試行錯誤やトラブル解決が人様のお役に立っているなんて思いもしなかった。
内容はMT3.3での日付の表示問題。
人様の情報を自分の問題解決に利用させていただくことはあっても、まさか自分の発信した情報が役に立っているとは、とは考えていなかった。しかし当然のこと。
これがWEB2.0の現実的効用なのだろう。
これからも問題解決の過程や、トラブルについて、記録・備忘録として記事にしていこう。もし解決に至らなくても、同じ問題で誰かが教えてくれるかも知れない。