カテゴリー : SoftWare

Webサイトの再構築—WordPress2.9で

WordPressのVersionが2.9に上がったけど、自動アップデートではエラーになる。エラーログを見ると、さくらで使用中のMySQLのバージョンが対応していない。

データベースのMySQLの要件が満たされていないらしい。MySQLを、4.Xから5.XにバージョンアップしなければWordPress2.9Xはつかえない。政治の変革を追求する立場としては、自らが進化するためにもこのプロセスを避ける訳にはいかない、ということで。(│:)関係ないだろう、厭味か)

さて、既存データベースのエクスポートとインポートをして。。。。面倒だな?

ネットで参考サイトを検索してみました。
MySQLを4から5へ(さくら+WPの場合
こちらのサイトからいくつかのサイトが紹介されています。これらのサイトを参考にしながら、やってみます。

MySQL4.X から5.X へ(さくら + WordPress の場合)


手順

  1. DB(データベース)のバックアップ
  2. エクスポートしたDBファイルの編集
  3. エクスポートしたDBファイルの圧縮
  4. MySQL4.xのDBの削除とMySQQL5.xのDBの作成
  5. DBファイルをインポートする前のMySQLの設定
  6. DBファイルをインポート
  7. wp-config.phpの編集
  8. チェック

1.のデータベースのバックアップについては念には念をということで、こちらのサイトも参考にしました。
データベースのバックアップ – WordPress Codex 日本語版

DBファイルのエクスポートの時、PHP-MyAdminログオンの時日本語をUTF-8を選択すること。エクスポート画面でのチェック項目の確認。など

2.のDBファイルの編集は必要ありませんでした。

3.のファイルの圧縮も8MB以下っだたので必要なし。また、MySQL5.xの場合インポートファイルは16MBと表示されていました。

4.5.6.については特に問題なしでした。

7.wp-config.phpの編集を忘れると「データベースに接続できません」と怒られます。

やってみるとあっけないほどに簡単でした。WordPressも無事アップデートできました。

文字化けも起きていないようです。ただしWordPress2.6からは【自動アップデート】機能は効きませんでした。最新バージョンを使用するメリットはこんなところにも有るんでしょうね。

『時代の変化』に対応するためにも自分自身の意識変革と自己改革が必要なのでしょう。

WordPress の最新バージョンは 2.8.4

Main Page – WordPress Codex 日本語版

ただいま、サイト再構築中です。
4月25日から休止中でしたが、何とか復活を果たし、何とか生きる道を探りつつ、営みを再開しています。

長々と、ご心配を頂き、メールも頂きながら、沈黙しておりました。改めて、この間の事情については報告したいと思います。

GIMP


しか?し、VIDEOを見ながらGIMPを操作するには、パソコンが2台は必要だ。ということに今更ながら気が付いたのです。


使用方法解説サイト
★Gimpの使い方マニュアル・メニュー
★GIMP 使い方

Windowsキー

【Windows】+【D】—–デスクトップを表示
【Windows】+【E】—–エクスプローラ起動
【Windows】+【F】—–ファイルを検索
【Windows】+【L】—–画面をロック
【Windows】+【M】—–全ウィンドウを最小化
【Shift】+【Windows】+【M】—–【Windows】+【M】実行前に戻す
【Windows】+【R】—–ファイル名を指定して実行
【Windows】+【U】+【U】—-Windowsを終了
【Windows】+【Pause】—–【システム】のプロパティを表示
【Windows】+【Tab】—–タスクバーの順に表示

ハードディスク内の整理術

データはすべてマイドキュメント内に置く。
マイドキュメントはシステムのディスクとは別のドライブ、あるいは別のパーティションに置く。
マイドキュメントのターゲットフォルダーを上記のフォルダーに変更する。
アプリケーションがデータをマイドキュメントに設定していない場合は変更する。例えばメールソフトのOutlookExpressや住所録ソフトなど。データ保存先を変更できないソフトは使用しない。確か一太郎も保存先が独自の場所だった。
そして、他のドライブにマイドキュメントをバックアップする設定にして置く。
マイドキュメント内のフォルダーはデータの存在が理解し易いようにしておく。
例えば画像、写真などはマイピクチャに保存する。フォルダー名は年月日を利用した時間軸で整理した方が判りやすく、思い出し易い。具体的な名前を付けるとダブルことがある。もし中身が判るように付けるとすれば、具体名+日付とする。
年月日に.(ドット)や/(スラッシュ)は使用しない。昔からパソコンのファイル名やフォルダー名に使用してはいけない記号や印がある。使えないことはないが、使わないことを前提に考えるべきだ。
パソコンのデータは一度消してしまうと、復活できないと考えるべきだ。最近のハードディスクは容量が大きいから、画像や文書データで一杯になることは無いともいえる。だから古い写真や昔の文書などを消さずに保存しておけば、思い出に浸ることも再度利用することもできる。ただし判りやすく整理しておくことが必用だろう。そのためにも時間軸整理は判り易い。分野別、カテゴリー別にすると当面のデータは判っても、時間が経つと思い出せなくなる。ファイル名についても中身が何で、いつ作ったかが判るようにした方が良い、多分同じファイル名をつけることが多々あると思う。
名簿や住所録などは常に最新のものにする癖をつけておくことも必要だ。紙にプリントアウトしたデータ-はすぐに古くなる。データの間違いは、紙に文書に残しておくのではなく、パソコン内のデータを書き直しておくことを優先すべき。また、必要なくなったデータについても、削除しないで残しておいた方が良いと思う。ハードディスクの容量が足りなければ仕方ないが。データの圧縮という手もある。