カテゴリー : 旧高瀬町の政治

合併に伴う・・・・

合併に伴う電算システムの費用
システム詳細設計
1200万円・・・・随意契約で発注済
LAN構築・サーバー等機器
3億円・・・・・・・指名入札
職員のパソコン500台分
9790万円・・・・指名入札
—————————–
(7町)総額
4億3400万円

—————————–
★高瀬町負担分
6200万円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■概要発注計画書を提示して欲しいとの要求に対し、問題があるので提示はできない。と、答弁。
※情報公開とは程遠い認識!!!
■高瀬町の「合併問題調査特別委員会」も(委員長は「わしが必要と認めないから開かない、開く必要がない。」といって)開催されず、合併協議の中で、何がどう議論されているのかの詳細が、議員にも、協議会の委員にも知らされないまま、話が進んでいる。
この状態が問題ではないのか!!!
yamabun0100

高瀬地域子育て支援センター設置条例

  (目的及び設置)
第1条 子供をとりまく環境の変化や、それらがもたらす子供の育ちへの影響が今目的課題である。家庭・地域社会・幼稚園等施設の三者が連携をとり、幼児教育の意義・役割を認識して、子どもの健全育成という子育ての本質に沿った施策の推進、とりわけ3歳未満児を家庭で子育てしている保護者等に対する支援を目的として、高瀬地域子育て支援センター(以下「子育て支援センター」という。)を設置する。
  (名称及び位置)
第2条 子育て支援センターの名称及び位置は、次のとおりとする。
 名称 高瀬地域子育て支援センター
 位置 高瀬町人掌上高瀬2025番地3
  (委 任)
第3条 子育て支援センターの管理運営に関し必要な事項は、教育委員会規則で別に定める。
    附 則
この条例は、平成17年7月1日から施行する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
場所は、もと東部保育所です。
教育委員会規則は現在作成中だそうです。

文教厚生常任委員会05/06/22

■高瀬地域子育て支援センター設置条例の制定について
(町長提出議案第44号)
賛成
■高瀬町緑ケ丘総合運動公園設置及び管理に関する条例の制定について
(町長提出議案第45号)
賛成
■高瀬町重度心身障害者等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例について
(町長提出議案第47号)
反対
■高瀬町母子家庭等医療費支給に関する条例の一部を改正する条例について
(町長提出議案第48号)
反対
■高瀬町乳幼児医療費助成に関する条例の一部を改正する条例について
(町長提出議案第49号)
反対
■文教厚生常任委員会に付託された上記4議案に対する賛否です。
いかに国の法律が改正(改悪)されたとはいえ、自治体独自の判断が可能なことも明らかになっている中、町長の政治姿勢として、言葉だけでなく施策として考えてはどうかと提言しました。何度も、何度も。

6月定例会が終わりました

■6月20日から24日までの日程で開かれた、第2回定例会が終わりました。
今後、順次記事を掲載していきます。

一般質問


平成17年6月20日
高瀬町議会定例会一般質問一覧表
1.近藤俊和議員
  1-1.大規模養鶏場進出について(→町長)
  ・養鶏場設置が、周辺地区の環境や住民生活に与える影響を
   どのように考えているのか。
  ・住民の反対を受け、今後行政としてはどのような指導をするのか。
2.宮崎賢三議員
  2-1.住民福祉について(→町長)
  ・町民が広い視野から福祉を考え、広めるためには、ボランティア精神の育
   成が必要と考えるが、その施策は。
  2-2.青少年の健全育成について (→教育長)
  ・今の青少年は、「知・徳・体」の徳育の節分が欠けていると言われるが、こ
   れを補う施策は。
  2-3.幼少時代における「郷土を愛する心」について(→教育長)
  ・少子化により、親だけでなく、地域の大人たちも子どもたちに対して、過
   保護になってきている。そのため、親も周囲が見えなくなって、「我が子中
   心」「我が子第一」という偏見が生まれてきているように思う。生活圏域の
   中で、このような社会環境を浄化し、「郷土を愛する心」を育むために、教
   育委員会としてはどのような調整が必要と考えるか。
3 大平敏弘議員
  合併(地方分権)について(→町長)
  ・地方分権を目指すべく7町の合併協議は進んでいると考えていた。しかし
   ケープルテレビの導入、山本町の分庁舎建設、本庁舎の視察、墓地公
   園計画など、合併協議会の協議にのるべき事案が協議されないまま動
   いている。
   それぞれの町の総仕上げとしか受け取れない。新市民に対して説明が
   必要だと考えるが。
4.石井久司 議員
  1.情報公開について(→町長)
  ・情報伝達の手段としての行政Website(町のホームページ)を
   どのように考えているのか。(3月議会の答弁を踏まえて)
  ・合併協議会の中で協議・調整されている問題について、なぜ
   情報が知らされないのか。
  ・総務省は、行政改革の具体的計画について、17年度中の公表を
   求めている。このことについて、どのように考えているのか。
  2.養鶏場問題について (→町長)
  ・地元住民の反対がある中で、行政の立場として基本的に
   どのような考え方なのか。
  ・問題を解決するための施策は。
  3.歴史認識の問題について(→教育長)
  ・作る会の教科書や、相次ぐ閣僚の発言が、近隣諸国との間で
   国際問題になっている。教育的観点から、これは何に問題が
   あると考えるか。
   (3月議会の答弁を踏まえて)

■町民の皆さんの傍聴がありました。
質問者は4名と、いつもより少ないです。
今回も質問時間が1時間超と、長くなりました。