カテゴリー : 旧高瀬町の政治

9月定例議会

9月7日から定例議会が始まります。今回は一般質問する議員が9人いるそうです。何があるんでしょうか?

期限ぎりぎりに質問通告をした私は、8番目になってしまいました。

さて、当日どんなことになるのやら、変な期待を感じます。

今回の質問は

町長の政治姿勢・理念は

老健施設の用地の問題、中学校入札の問題、養鶏場建設反対の問題等、事案に対する見解の変化をどう考えているのか。

政治姿勢・理念が一貫しているのか。

環境保全条例について

麻・二の宮地域の環境問題について、住民・業者の納得のいく解決に向けた行政努力が必要ではないか。

将来に向けた環境保全の条例化などを取り組むべきではないか。

人権・同和教育

差別意識の問題はどうすれば解決できると考えているのか。

町長に2点、教育長に1点です。

少年少女発明クラブ

■少年少女発明クラブのニュースが届きました。
PDFファイルになっています。
ダウンロード hatumei050829.pdf (78.6K)

養鶏場問題?別件



■町内業者による養鶏場の現状。

 PIC_0001  PIC_0002
 PIC_0004  PIC_0005
 PIC_0007

●鳥の羽毛が散乱・積層しています。

この惨状!!!

何とかならないのでしょうか! 

 PIC_0003  PIC_0006PIC_0008


 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

■近くにある保育所もお散歩コースを変更したりと対応しているようですが。

近隣の住民の方たちも困っているようです。

■匂いの問題は難しいですが、この羽毛が風に乗って、どこへ・・・・ 

業者も大変だろうが、生活環境の悪化は大きな問題です。

養鶏場問題

■業者の言い分
設備は最新のもので、ウィンドレスですべて自動化されており、鶏糞も鶏舎内で集積乾燥するから匂いもしない。危惧されることは100%大丈夫です、心配ありません。と
■100%問題が無い施設などありえない。
一番の問題点は、住民の不安や危惧に対し、誠意をもって説明責任を果たそうとしない態度が批判の的になっているということ。なぜ最初から、誠意を持って周辺住民に接しようとしなかったのか。
そして、住民からの要望書への回答もせず、突然の調停申立。
■また業者がこれまで県内各地で鶏舎を設置して、住民とトラブルを生じていたこと。その解決に対する姿勢の問題。など

養鶏場問題

■今日は朝から養鶏場反対のメンバーと高瀬の役場、住民課と総務課と建設課と経済課と税務課を廻り、観音寺の三豊合同庁舎へ行き、衛生課、そして土木事務所で建築確認の閲覧、法務局では農道の登記簿の閲覧、豊中の西部家畜保健衛生所と。
町、県とも養鶏場の問題については認識しているようですが、法的には問題ないので規制は出来ないということらしいですね。しかし、住民の立場からすれば、納得できないということです。
8月5日に第1回目の調停が始まります。